TOP > PRODUCTS >BASS > 虫k

ラビットファー装着、次世代虫系誕生!

真夏の釣りには欠かせなくなった虫パターン。
ATTIC
では切り札的な虫系ルアーを誕生させました!

その名も「虫k(ムシケー)」、従来の虫系ルアーの発想を大きく変えた、ブレード付きペンシルタイプに仕上げることで、裏返りや移動距離等の虫系プラグの様々な弱点を解消することが出来ました。

虫系ルアーの最大のキモである波紋ですがATTICではこの波紋を起こす動作をいかに簡単に、且つ移動距離を抑える事に特に重点を置き、数々のプロトタイプ経て導き出した答えが浮き姿勢を「斜め浮き」にするということでした。ボディーの上下運動とレッグのファー部分がそれにつられて動く相乗効果で、これまでにない細やかな波紋を、簡単に生み出すことが可能になりました。

レッグ部分には「うさちゃんじぐ」でその圧倒的効果を実証済みのラビットファーを採用し、ファー全体で水を強く押す効果と共に、ステイ時には僅かな水流で艶めかしく揺らめきながら強烈にアピールします。

しかもファーが濡れることで重量が増し、キャスト時にはボディーラインにファーが添い後方重心となり、テイルに装着したブレードの重量との相乗効果で圧倒的な遠投性能とピンポイントを正確に狙えるアキュラシーを兼ね備えました。

ブレード部分は移動距離を飛躍的に抑える効果と水中でフラッシングする事でバスにアピールする2つの効果が備わっています。

これまでの虫系ルアーの弱点を克服した「虫K」が今シーズンのバスたちを水面へと魅了します。

ATTICオリジナルマテリアルA.C.W製ボディ

「虫k」は、ATTICオリジナルマテリアルA.C.Wを使用しています。新素材(ATTIC CHEMICAL WOOD)は樹脂でありながら、WOOD特有の浮力を兼ね備えています。バルサや檜等に近い浮力を自由に設定できるだけでなく樹脂特有の強度も併せ持つ、ATTICのオリジナルマテリアルです。

 

 

ATTICの新発想、ラビットファーを採用

レッグ部分にラビットファーを採用する事で、ファー全体で水を強く押しつつ、ステイ時には水流等でファーが艶めかしくアクションする事で、バスに強烈にアピールします。

   

様々な効果を持つリアブレード

テイル部に装着されたブレードが、移動距離を飛躍的に抑える効果と、水中でのフラッシング効果を併せ持ちます。一点シェイクに効果抜群です。

   

オーナー社製トリプルフック採用

フックには、フッキングを確実なものとする為に、トリプルフックを採用。

わずかなバイトでも、確実にフッキングに持ち込めます。

   
 

#01 ゲンゴロー

#02 ゲンジ

#03 玉虫

     
#04 アミダテントウ #05 カブト #06 チャート
     
 

只今準備中です。

ビデオを再生するにはWindows Media Playerが必要です。

Windows Media Player を入手する

 

全長:3.5cm 重さ:5.5g 定価:税抜き ¥1,500
 

全国のATTIC製品取扱店にて好評発売中

 

TOP  |  PRODUCTS  |  COMPANY TOURNAMENT F. REPORT  | I-SHOP  |